freesoft-print-cloudprint




注目!

↓最新のラズパイやセール特価情報はコチラ↓

Raspberry Pi 4B (4GB)

ツール フリーソフト プリントサーバー 便利ツール

[ラズパイで使えるフリーソフト20選]NW経由で外出先からプリントするソフトcloudprint

インターネットから自宅のプリンターにプリントしてみよう!

Googleの「クラウドプリント」はスマートフォンやパソコンなどからインターネットを経由して自宅やオフィスに設置したプリンターにプリント命令を行うサービスです。

スマートフォンやパソコンのWebブラウザからGoogeドライブにアクセスするとWeb上のメニューからプリント命令を送信できます。

Linux上から「cloudprint」を実行することで、消費電力の低いラズパイ(Raspberry Pi)をクラウドプリントの自宅側、オフィス側のサーバーにすることが可能となります。

 

cloudprintを使用する上での注意点

cloudprintはCUPSと同様にARM版Linux用のドライバが用意されているプリンターが限られているということです。

プリンタが使用できない際にも「cups-pdf」をインストールすることでPDFファイルを出力することが可能です。

 

あらかじめリポジトリの設定をしておく

パッケージを取得できるようリポジトリの設定をします。

管理者権限で「/etc/apt/sources.list」の編集を行います。
ファイルをテキストエディタで開き、下記の1行を末尾に追記します。

deb http://davesteele.github.io/cloudprint-service/repo cloudprint-jessie main

 

cloudprintのインストール方法

端末アプリで次のコマンドを実行し、パッケージをインストールします。

wget https://davesteele.github.io/key-366150CE.pub.txt

sudo apt-key add key-366150CE.pub.txt

sudo apt-get update

sudo apt-get install cloudprint cloudprint-service

 

cloudprintの初期設定を行う

インストールが完了したらcloudprintの初期設定を行います。

sudo cps-auth

 

cloudprintの使い方

インストール完了後に表示されたWebブラウザでアクセスし、関連付けるGoogleアカウントでログインします。

サービスの開始は下記のコマンドで行います。

sudo systemctl start cloudprintd.service

上記のコマンドを実行後、Googleドキュメントなどの印刷で登録したプリンターを選択すればcloudprintを介してラズパイ(Raspberry Pi)で印刷できるようになります。

注目!

↓最新のラズパイやセール特価情報はコチラ↓

Raspberry Pi 4B (4GB)

関連コンテンツ



-ツール, フリーソフト, プリントサーバー, 便利ツール

© 2020