注目!

↓最新のラズパイやセール特価情報はコチラ↓

Raspberry Pi 4B (4GB)

mp3 Raspberry Pi 3A+ Raspbian Buster rpi-fruitbox メディアプレイヤー

ラズパイでレトロでリアルなカスタマイズ可能なジュークボックスソフト

ラズパイフルーツボックス(fruitbox MP3 jukebox)はRaspberry Pi 3B+まで対応しているジュークボックス風のMP3プレイヤーです。 2017年頃に海外でリアルに中古のジュークボックスを魔改造しているような動画が出ていました。その後、日本ではあまり話題になっていなかったので、今更ながらご紹介します。
fruitbox v1.16 (Feb 17 2020, 15:28:38) by Mike Kingsley A customisable MP3 Retro Jukebox for the Raspberry Pi
fruitbox MP3 jukeboxはRaspberry Pi 3Bまたは3B+を想定しているようで、CPUが4コア、メモリーも256MBの割当を推奨しています。 今回は、Raspberry Pi 3A+で動かしてみました。メモリーこそ512MBしかありませんがCPUは3B+と同等なので試してみたところ、特に大きな不具合も無かったのでオススメです。 更に音もレトロ感溢れるようにSpeaker pHATを再生用スピーカーとして使いました! もちろん、テレビのHDMI出力でも、スピーカーを繋いでも問題ありません。もしもスピーカーを繋ぐなら、3.5mmジャックで繋ぐ独立電源が望ましいです。3A+はUSB端子が一つしかありませんから補助電源にもUSBスピーカーも端子が足りません。  

fruitbox MP3 jukeboxのセットアップ方法

いつものようにmicroSDカードへOSを書き込むことから始まります。 GithubのページにmicroSDカードへ書き込むイメージファイルもあります。しかし、最新のRaspbianを入れてトライした方が良いでしょう。イメージファイルの方はどうかわかりませんが、V1.16にはScratchとBusterの両バージョンが含まれていますから安心です。

最新のRaspbian Lite + fruitbox MP3 jukebox

※Raspbian Buster LiteはGUIがありません。コマンドで操作します。

どうしても出来ない場合は、公式のgithubページからイメージファイルをダウンロードできます。 先にそちらも試しました。事前にUSBメモリースティック直下へMP3ファイルを用意して、差してから起動させます。コマンドで実行なども同じです。  

GPUメモリの割当を256MBに増やす設定

RaspbianLiteですから、コマンドでの操作になります。デスクトップのGUIはありません。
sudo raspi-config
Advanced Options-> Memory Split
メモリーは最低256を設定してくれとのこと。 デフォルトだと64MBになっています。 Raspberry Pi 3B+ならメモリーは1GBあるので余裕です。3A+は512MBしか無いため少し苦しいですね。  

rpi-fruitboxのダウンロード&インストール

wget https://github.com/chundermike/rpi-fruitbox/raw/master/install.sh
実行権を与える
sudo chmod +x ./install.sh
インストールスクリプトを実行する
source ./install.sh

※ 通常だとshコマンドで実行するスクリプトですが、sourceコマンドでお間違えないように。

sourceとshコマンドの違いはshは別プロセスで実行になり、sourceは同じプロセスなので環境変数などを引き継ぎます。まぁ、とにかくここではsourceコマンドで!

MP3ファイルの準備と指定

音楽MP3ファイルを(SDカードまたはUSBメモリースティックに)コピーします。 FruitboxにMP3ファイルを指定するため.cfgファイルを編集します。 ~/rpi-fruitbox-master/skins/WallJuke/fruitbox.cfgを編集し、MusicPathパラメータを変更します。
sudo nano ~/rpi-fruitbox-master/skins/WallJuke/fruitbox.cfg
今回USBメモリースティックにMP3ファイルを入れたので、ファイルまでのパスを、MusicPath = ../Music/ から MusicPath = /media/usb32g/music/ に変更しました。 修正場所は5行目ですね。
[general]
SkinName = WallJuke
SkinSize = 1024 768
Database = ../fruitbox.db
MusicPath = /media/usb32g/music/
SortSongsBy = Title
SortSongsBy = Artist
SelectButtons = ABCDE
SelectButtons = 1234
AutoSelect = Yes
SelectTimeout = 150
SelectHoldTimeout = 150
AutoPageTurnTime = 3000
MaxPlaylistLength = 20
LoopPlaylist = no
AutoPlay = yes
AutoPlayGap = 3000
PlaysPerCoin1 = 0
SongsPerPage = 2
.......(続く)
USBメモリースティックへMP3をコピーした場合は先に差してから起動します。

実行する前に

このfruitbox MP3 jukeboxは、GPIOまたはUSBコントローラー、そしてタッチパネルのキーコンフィグが用意されています。デフォルトだとキーボードで操作できます。ただ、キーマップがちょっと分かりにくい。(というかウィザードに従うのは無理がある) また、キーボードの設定が日本語キーボード109になっているとキーマップが異なります。 キーコンフィグは別途に、.btnファイルを編集して定義します。 最初はありません。詳しくは./fruitboxフォルダにあるユーザーガイドテキストファイルを参照してください。   キーコンフィグは別途に、.btnファイルを編集して定義します。 最初はありません。詳しくは./fruitboxフォルダにあるユーザーガイドテキストファイルを参照してください。   日本人はジュークボックスにあまり強い想いがありません。そのためか、日本でこのfruitbox MP3 jukeboxプレイヤーの記事も少ないと思います。 かなりカスタマイズが可能な点は煩わしいとも思えます。逆に言えば自由です。 今回はメモリーが512MBの3A+でも動きました。Raspberry Pi Zero Wでも動いている動画は観たことあります。私はまだ試していません。 こういった拡張基板(HAT)やUSBメモリースティックを使うと、色んなコマンドで操作します。初心者には難しいと思われますが、実はそんなに多くのコマンドは使っていませんし、他のプロジェクトでも利用する頻度が高いコマンドばかりです。 何でもそうですけど、一遍には覚えられません。繰り返し操作していると忘れないものです。

注目!

↓最新のラズパイやセール特価情報はコチラ↓

Raspberry Pi 4B (4GB)

関連コンテンツ



-mp3, Raspberry Pi 3A+, Raspbian Buster, rpi-fruitbox, メディアプレイヤー

© 2020