注目!

↓最新のラズパイやセール特価情報はコチラ↓

Raspberry Pi 4B (4GB)

Raspberry Pi 4B ニュース

ベータ版まで来た!Raspberry Pi 4でUSBブートに対応間近

Raspberry Pi 3B系では可能であったUSBストレージからOSを起動できる機能が、そろそろ正式に実装されアップデート待ちとなっています。 現在はベータ版なので、最新の注意が必要です。バグを修正しているそうなので、正式にリリース情報が出るまで待ちましょう。   ベータ版は「pieeprom-2020-05-15.bin」となっていますが、USBマスストレージブートは、更新されたファームウェアがないと機能しません。(start.elfバイナリファイル) これらは恐らくrpi-update経由でリリースされます。 いずれにしても数日と記載があったので、月末までにはリリースされそうですね。  

利用するメリット

USB接続のSSDやUSBメモリに入れたOS(例えばRaspbianやUbuntuServer等)から起動できるとなると、microSDカードは使わないで済みます。 意外とmicroSDカードというのは脆いので、書き換えたり、抜き差しするような頻度によっては少しばかり心許ない。 HDDやSSDからの起動が可能になれば、いきなり広大な領域が使える利点もあります。 ・・・これ、パーティションを切ったり、RaspbianのOSデータをコピーしたり、config.txtを修正しないとならないのかな? Etcherで書き込むだけなら、手間は無さそうですね。    

注目!

↓最新のラズパイやセール特価情報はコチラ↓

Raspberry Pi 4B (4GB)

関連コンテンツ



-Raspberry Pi 4B, ニュース

© 2020