お知らせ

ラズパイJAPAN特別企画!もれなくAmazonギフト券配布中!詳しくはこちら

 

ラズパイJAPAN特別企画!もれなくAmazonギフト券配布中!詳しくはこちら

freesoft-musicserver-mpd




注目!

↓最新のラズパイやセール特価情報はコチラ↓

Raspberry Pi 4B (4GB)

フリーソフト 便利ツール 音楽・動画サーバー

[ラズパイで使えるフリーソフト20選]スマホから操作できる音楽再生ソフトMPD

ラズパイ(Raspberry Pi)をPCやスマホから操作しMPDで音楽を連続再生してみよう!

MPD(Music Player Daemon)は、音楽を再生するサーバーソフトです。

音楽を再生する部分がサーバーになっているので、クライアントソフトから操作します。
このため、同一ネットワーク内のPCやスマートフォンからリモート操作が可能となっており、音声はラズパイ(Raspberry Pi)に接続したHDMIデバイスやUSB DACなどから再生できます。

これを使えば、ラズパイ(Raspberry Pi)から音楽を連続再生するジュークボックスとして活用できます。

 

MPDのインストール方法

MPDをインストールするにはラズパイ(Raspberry Pi)からコマンド実行によりインストールします。

sudo apt-get install mpd

 

MPDの初期設定

インストールが完了したら、初期設定を行います。
設定は下記のドキュメントを編集します。

/etc/mpd.conf

 

ドキュメントの編集は下記のコマンドを実行し行います。

sudo nano /etc/mpd.conf

 

編集する内容は下記の通りです。

[編集前]
bind_to_address "localhost"
#auto_update "yes"
#zeroconf_enabled "yes"
#zeroconf_name "Music Player"

[編集後]
#bind_to_address "localhost"
auto_update "yes"
zeroconf_enabled "yes"
zeroconf_name "Music Player"

 

[編集内容]
一行目
は行先頭に「#」を追記しリモート操作可能にする。

二行目は行先頭の「#」を削除し今日のデータベースを自動更新できるようにする。

三行目は行先頭の「#」を削除しiOS用クライアントから自動検出を使用可能にする

四行目は行先頭の「#」を削除し自動検出時に"Music Player"という名前で表示させる

 

音楽データを格納する

音楽データを格納し、MPDで再生することで音楽の連続再生が可能となります。

音楽ファイルの格納場所は、初期設定で下記の場所が指定されています。

/var/lib/mpd/music

上記ディレクトリーに音楽ファイルを格納するか、ファイルサーバーなどの外部ドライブをマウントします。

音楽データの準備が完了したら、MPDを再起動します。
MPDの再起動は下記のコマンドを実行し行います。

sudo systemctl restart mpd.service

MPDのクライアントは、Linuxのコマンドラインクライアントである「mpc」をはじめ、Windows、Mac、LinuxのGUIクライアント、AndroidやiOS用のクライアントなどがあります。

これらのクライアントからデータベースの更新や曲の選択を行うことで音楽再生を行います。

注目!

↓最新のラズパイやセール特価情報はコチラ↓

Raspberry Pi 4B (4GB)

関連コンテンツ



-フリーソフト, 便利ツール, 音楽・動画サーバー

Copyright© ラズパイJAPAN , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.