お知らせ

ラズパイJAPAN特別企画!もれなくAmazonギフト券配布中!詳しくはこちら

 

ラズパイJAPAN特別企画!もれなくAmazonギフト券配布中!詳しくはこちら

freesoft-screenshot-scrot




注目!

↓最新のラズパイやセール特価情報はコチラ↓

Raspberry Pi 4B (4GB)

フリーソフト 便利ツール

[ラズパイで使えるフリーソフト20選]スクリーンショット撮影ソフトScrot

ラズパイ(Raspberry Pi)でスクリーンショットを撮影しよう!

「Scrot」はラズパイ(Raspberry Pi)のデスクトップ画面で簡単にスクリーンショットを撮影できるフリーソフトです^^

誰かにラズパイ(Raspberry Pi)の画面を見せたい時や、設定パラメーターの保持、モニタ上の定点観測、前後比較など様々なシーンで役に立ちます^^

Scrotはラズパイ(Raspberry Pi)に標準でインストールされているので簡単に使えますよ\(^o^)/

早速、使ってみましょう!

 

ラズパイ(Raspberry Pi)でのScrotの使い方

Scrotはコマンド入力で操作して使用します^^

ラズパイ(Raspberry Pi)の画面左上(設定によって位置は変わります。)にある「ターミナル」のアイコンをクリックしてLX Terminalを起動します。

LX Terminal

 

Scrotでデスクトップ画面全体を撮影する方法

デスクトップ画面全体を撮影するには、次のコマンドを実行します。

scrot -d 5 &

「-d」をオプションで付与することでスクリーンショットを撮影するまでに待機する時間を秒単位で指定できます。

「&」のオプションを付与すると、上記コマンドはバックグラウンドで実行されます。

今回の場合は「コマンド入力後、5秒後に撮影する」という動きをします。

 

Scrotで特定のウィンドウだけを撮影する方法

前述のコマンドでは、画面全体を撮影するため、余計な表示も一緒に撮影されます。

「LX Terminalのウィンドウだけ撮影したい」
「ゲームのウィンドウだけ撮影したい」

といった際には、上記コマンド入力後の待機時間中(上記の例だと4秒以内)に余計なウィンドウを最小化してスクリーンショット撮影しても良いのですが、下記のコマンドを入力することでフォーカスしているウィンドウだけスクリーンショットを撮影できます。

scrot -d 5 -bu &

上記コマンド入力後、5秒以内にスクリーンショットを撮影したいウィンドウをクリックし、フォーカスしておく(アクティブにしておく)ことで任意のウィンドウだけを撮影できます^^

 

注目!

↓最新のラズパイやセール特価情報はコチラ↓

Raspberry Pi 4B (4GB)

関連コンテンツ



-フリーソフト, 便利ツール

Copyright© ラズパイJAPAN , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.