お知らせ

ラズパイJAPAN特別企画!もれなくAmazonギフト券配布中!詳しくはこちら

 

ラズパイJAPAN特別企画!もれなくAmazonギフト券配布中!詳しくはこちら

freesoft-webserver-lighttpd




注目!

↓最新のラズパイやセール特価情報はコチラ↓

Raspberry Pi 4B (4GB)

Webサーバー フリーソフト

[ラズパイで使えるフリーソフト20選]軽量Webサーバーソフトlighttpd

ラズパイ(Raspberry Pi)で軽量なWebサーバーlighttpdを動かしてみよう!

「lighttpd」は、有名なWebサーバー「Apache HTTP Server」よりも軽量なWebサーバーソフトです^^

lighttpdの処理能力は「nginx」よりも若干下回りますが、メモリー消費量はlighttpdの方が優れています^^

lighttpdはメモリが256MBしかないラズパイ(Raspberry Pi)の初期版「Revl」でも動作している実績があります^^

また、nginxがCGIもサポートしていない独自の機能構成になっているのに比べると、lighttpdはCGIが動作するなど、比較的扱いやすい仕様になっております^^

そのほかにも、nginxより古くからあるため、サーバーアプリケーションやLinuxディストリビューションの設定等の対応が進んでいる様子が見受けられます。

lighttpdのインストール方法

lighttpdは、下記のコマンドでインストールします。

sudo apt-get install lighttpd

インストールが完了すると、lighttpdが起動状態となっています。

 

lighttpdの使い方

同一ネットワークに接続された他の端末(パソコンやスマホなど)からWebブラウザーで下記のアドレスにアクセスすると、lighttpdの初期設定等がかかれたトップページが表示されます。

http://"Raspberry PiのIPアドレス"/

例)
http://192.168.1.10/

コンテンツを置くディレクトリーはデフォルト(初期設定)で「Raspbian」のApacheパッケージと同じ「/var/www」です。

このディレクトリーに、先ほどのトップページが「index.lighttpd.html」というファイル名で格納されています。

実際に使用するときは、この「index.lighttpd.html」は不要となるので削除してから使用したいコンテンツを格納しましょう。

注目!

↓最新のラズパイやセール特価情報はコチラ↓

Raspberry Pi 4B (4GB)

関連コンテンツ



-Webサーバー, フリーソフト

Copyright© , 2020 All Rights Reserved.